Day37 AMI化したWordPres を起動して、キーペアを再作成する。

昨日の続きです。

昨日は WordPress を AMI 化しました。

AMI 化されました!
今日はここからスタート!
昨日見ていたこちらの記事を参考にしながら、今日は起動したいです!

AWS EC2でAMIから簡単にWordPressが構築できるようになっているが、SSH接続できない

と思ってこちらの記事をみていたのですが…

状態が「available」になればOKです。このAMIを右クリックして「作成」を押下すると再度EC2インスタンス生成が可能です。で、この際にキーペアを作成、ダウンロードするようにすればSSH接続できるようになります。
古いEC2インスタンスは停止もしくは削除してしまって構いません。EIPは新しいEC2に割り当てる必要がありますのでご注意ください。

あー、ここ詳細がないーー

別の記事を見つけました。

0から始めるAWS入門②:EC2編

0から始めるAWS入門②:EC2編 - Qiita # 前回まで [0から始めるAWS入門:概要](http://qiita.com/hiroshik1985/items/6433d5de97ac55fedfde) [0から始めるAWS入門①:VPC編](http://qiita.c...
 qiita.com
起動します。
t2micro
特に設定しない

ここも特になし
ここは前回同様 Name WordPress にしてみました。

いくつもパラメータがあって迷う!
チュートリアルに従っていたときにはなかった不安感…

ここが一番迷いました。

ポートの設定とかどうしたらいいんだーー!
とりあえず、SSHとHTTPを追加します。

ついにキーペアの作成にこぎつけました!
これで SSH 接続できます!!

キーペアのダウンロードをクリックしてダウンロードします。

Mac なのでターミナルを開き、先ほどダウンロードしたキーペアを移動&アクセス権限の変更です。

$ mv ~/Downloads/mykeypair.pem ~/.ssh/mykeypair.pem
$ chmod 400 ~/.ssh/mykeypair.pem

いよいよインスタンスの作成します!

できましたー!

インスタンスが動き始めました!

この新しいインスタンスの IP アドレスをコピーしておき、Route53 を開きます。
そして、現在設定中のホストゾーンの A のところの IP アドレスを変更します。

MacでLookup

Macでネットワークユーティリティを使用してDNSサーバをテストする Macのネットワークユーティリティでは、DNSサーバをテストしたり、名前をIPアドレスに変換したりできます。
 support.apple.com
IP アドレスが更新されました!

1yaan.xyz にアクセスしてみるものの、表示されません。さっきのセキュリティグループのせいかなと思ってみたら、HTTP接続を制限かけちゃっていました。全部 0.0.0.0 (フリーアクセス)にします。

この設定内容に変更したら、すぐに接続できるようになりました!!よかった!

さてついにSSH接続です。

$ ssh -i ~/.ssh/mykeypair.pem bitnami@SERVER-IP

SERVER-IP の部分をこのインスタンスの IP アドレスに変更してください。

$ ssh -i ~/.ssh/mykeypair.pem bitnami@xx.xxx.xxx.xxx
The authenticity of host 'xx.xxx.xxx.xxx (xx.xxx.xxx.xxx)' can't be established.
ECDSA key fingerprint is SHA256:1234567890123456789012345678901234567890.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added 'xx.xxx.xxx.xxx' (ECDSA) to the list of known hosts.
Welcome to Ubuntu 16.04.6 LTS (GNU/Linux 4.4.0-1090-aws x86_64)
       ___ _ _                   _
      | _ |_) |_ _ _  __ _ _ __ (_)
      | _ \ |  _| ' \/ _` | '  \| |
      |___/_|\__|_|_|\__,_|_|_|_|_|

  *** Welcome to the Bitnami WordPress with NGINX and SSL 5.2.1-0 ***
  *** Documentation:  https://docs.bitnami.com/aws/apps/wordpress-pro/ ***
  ***                 https://docs.bitnami.com/aws/ ***
  *** Bitnami Forums: https://community.bitnami.com/ ***
To run a command as administrator (user "root"), use "sudo <command>".
See "man sudo_root" for details.

$ 

やったーーー!

さあ、それでは、Bitnami マークをはずしましょう!

Remove The Bitnami Banner

Remove the Bitnami Banner Your Application Dashboard for Kubernetes
 docs.bitnami.com

$ sudo /opt/bitnami/apps/wordpress/bnconfig –disable_banner 1

わたしの場合は、APPNAME が wordpress でしたので、このコマンドで、ついに bitnami マークが消えました!!感涙!

さて、どうしてこうやって SSH 接続したかったのかというと、新しいテーマを使いたかったからなんです。PHP の アップロード制限を緩めたかったからです。

Modify The PHP File Upload Limit

Modify the PHP file upload limit Your Application Dashboard for Kubernetes
 docs.bitnami.com

あれー?
php.ini の post_max_size = 40M になってる…

nginx のほうの設定かな?

Increase The File Upload Limit

Modify the NGINX file upload limit Your Application Dashboard for Kubernetes
 docs.bitnami.com

$ vi /opt/bitnami/nginx/conf/nginx.conf

http {
    // ゴニョゴニョ

    include "/opt/bitnami/nginx/conf/bitnami/bitnami.conf";

    server {
        client_max_body_size 40M;
    }
}

最後の server を追加したらできるはず。再起動。

$ sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart nginx

そして Luxeritas をアップロードしてみると

できなーーーーーーーい!
なんでやねーーん!!

今日はここまで!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください